【公式サイト】岐阜羽島駅近くの羽島動物病院です。

猫の避妊・去勢手術について

避妊手術や去勢手術は、した方がいいのですか?
猫ちゃんを飼い始めた飼い主さんからよく質問されることのひとつです。当院では生後6カ月をこえた猫ちゃんの避妊・去勢手術をおすすめしています。

「健康な体に手術をするのはちょっと…」と手術に抵抗のある飼い主さんもいらっしゃると思います。
今回は猫ちゃんの避妊手術・去勢手術に関するメリット・デメリットをまとめてみました。

避妊手術のメリット

○メス特有の病気を予防できる

乳腺腫瘍、子宮内膜炎や子宮蓄膿症などメス特有の病気の発生率を下げることができます。避妊手術では卵巣自体を取り除くため、卵巣におきる病気を予防することができるのです。これらの病気の中には、命に関わる重い病気が多いため、当院では早い段階での避妊手術をおすすめしています。卵巣や子宮におこる病気は年齢があがるほど発病率があがり、早い段階で避妊手術をおこなった猫ちゃんほど、予防効果は高くなるとされています。

○望まない妊娠を避けられる

特に、外に遊びにいってしまう猫ちゃんは、大量の子猫を出産する可能性があります。猫ちゃんの繁殖期は年数回あり、一度で平均3~4匹の子猫が生まれます。その子猫たちも、およそ1年で繁殖期を迎えます。手術をしないまま屋外に出したりすると、飼い主さんが知らないうちに妊娠、たくさんの子どもを産んでしまうなんてことも…。望まない妊娠を避けることは、不幸な運命をたどってしまう命を助けることにも繋がります。

○発情期のストレスを軽減できる

発情期がなくなることにより、発情期に伴っておきる独特の大きな声で鳴くなどの問題行動をおさえることもできます。

去勢手術のメリット

○オス特有の病気を予防できる
精巣を取り除くため、精巣腫瘍を予防することができるだけでなく、前立腺肥大などのオス特有の病気の発生率を下げることができます。また、オス同士のケンカが少なくなることで、猫エイズや猫白血病ウィルス感染症など、猫のケンカ傷からうつる感染症リスクを下げることができるのです。

○オス特有の行動を抑えることができる

オス猫はなわばり意識が非常に強く、なわばりをめぐって他のオスと喧嘩をすることが多いです。また、繁殖シーズンを迎えると、メスとの出会いを求め放浪したり、尿スプレーで自分の臭いをあちこちにつけるようになります。去勢手術によってオス本来の攻撃性を弱めることができ、また、これらの問題行動も軽減されます。ただし、これらの行動については、かなりの割合で抑えられると言われているものの、猫によっては効果がない(少ない)場合もあります。

避妊・去勢のデメリット
生殖機能を取り除くため、子どもを産むことはできなくなります。また、全身麻酔をかけて手術をするため、麻酔のリスクがあることも頭に置いておかなければなりません。そしてエネルギーの消費量が低下するため、太りやすくなる傾向があります。

これらのメリット・デメリットを踏まえた上で、猫ちゃんにとって最良の治療を一緒に考えていければと思っています。
詳しい説明はお気軽に病院スタッフまでお尋ねください。