【公式サイト】岐阜羽島駅近くの羽島動物病院です。

肛門のう炎

犬や猫には、スカンクのように悪臭を放つ分泌腺の肛門のうが肛門の両脇に開口しており、分泌物は排便時に排出されます。
この肛門のうが何らかの原因で炎症を起こして肛門のう炎になると、その開口部は閉塞し、肛門部をよくなめたり噛んだり、地面や床にこすりつけて歩く動作などの症状をあらわします。重症の場合には化膿しますので、このような症状が見られたら動物病院へご相談ください。